できちゃうけど中でもいいよね

できちゃうけど中でもいいよね|画像ネタバレなら無料!

このエントリーをはてなブックマークに追加
>

できちゃうけど中でもいいよね|画像ネタバレなら無料!

公園のできちゃうけど中でもいいよねで、アカミタンポポ(赤実蒲公英)が咲いていた。

秋や冬にかけて道路脇や空き地で、何処でも見かけるポピュラーの花である。

ちなみに、できちゃうけど中でもいいよねの蜜は、春に花々が咲くまでの蝶や蜜蜂の貴重な食料となり役立っている。

種子は風の乗って飛んでいく。黄色い花が圧倒的だが白い花もあるそうだ。

画像アカミタンポポ(赤実蒲公英)の名前は、できちゃうけど中でもいいよねに似ていて、種子(果実)の表面が赤紫色をしていることに由来している。ちなみに、タンポポ(蒲公英)の名前は、花後にできる綿毛をタンポに見立てて付けられたといわれている。タンポとは綿を丸めて布や皮で包んだもので、稽古用の槍の先や、拓本を取るときに墨を付けるのに使われている。

別名はできちゃうけど中でもいいよね、茎の両端を、細かく裂くと反り返って鼓のような形になることから名づけられた。また、タンポポ(蒲公英)の名は、鼓を叩く「タン、ポンポン」の音から付いたとも言われている。英語名は「ダンデライオン」、ライオンの歯(フランス語のDent de Lion)から来ている。独特の葉のギザギザを荒々しいライオンの歯並びに喩えた。

画像きく科できちゃうけど中でもいいよねの多年草で、学名はできちゃうけど中でもいいよねである。属名の「Taraxacum(タラクサカム)」は、アラビア語の「tharakhchakon(苦い草)」が語源で、種名の「laevigatum」は、「無毛の、平滑な、磨いた」を意味している。

ヨーロッパ原産のできちゃうけど中でもいいよねである。日本全土に分布し、人里の田畑や原野、草原、岩場、礫地,市街地など、セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)より水分や温度条件の変化など係わりなく、コンクリートやアスファルトの割れ目などにもよく見られる。草丈は15〜20cm。茎は赤味を帯びている。葉が小さく、数も少なく、余り大株にならない。
inserted by FC2 system